特別養護老人ホーム 看護師の役割・求人をお探しの方へ

こうした介護施設、特別養護老人ホームなどでの看護師の役割としては、入所者の健康チェックや生活支援が中心となります。

特養看護師の役割・仕事内容について

特養看護師として働きたいあなたへ

特養看護師として働きたいと興味を持たれている方の現在の状況も様々だと思います。

など、特別養護老人ホームの看護師求人をお探しになるきっかけとしても様々なものがあると思います。

実際の特養看護師としての役割・仕事内容に関しては各施設によって異なってきますから、興味をお持ちになった求人の職場に関しては、転職支援を行う人材紹介会社の担当コンサルタントを介して、看護師の役割・仕事内容を詳しく教えてもらう事が必要です。

一般的には、特養看護師としての役割・仕事内容ですが、ご利用者の方の健康管理が主な仕事となります。急性期病院のようにバタバタと時間が過ぎていくことは少ないと言います。その分、看護師としてやろうと思えば様々な仕事を作っていくことが出来るとも言います。

特養看護師として働く際の役割とは

特養看護師として共通する仕事内容としては、

などがあります。また、誤嚥などがあった場合には、看護師が対応に当たる事が必要です。

嘱託医との連携に関しては、介護スタッフよりも知識がある看護師の方がスムーズといわれやすいですが、これもケースによるようです。

看護師として、ご利用者の方の普段の様子をしっかりと把握し、体調急変時には的確に状況を伝え医師から指示をもらうことが重要な役割としても挙げられます。

特別養護老人ホームで働く場合には、看護師と介護スタッフの連携がとても重要だと言われます。

ご利用者の方の生活の場として、特別養護老人ホームがあるという意識を持って役割・仕事を果たしていける看護師の方が求められています。

当サイト経由で最も利用されている人材紹介会社はこちら