特別養護老人ホーム 看護師の役割・求人をお探しの方へ

こうした介護施設、特別養護老人ホームなどでの看護師の役割としては、入所者の健康チェックや生活支援が中心となります。

介護施設の看護師求人をお探しの方へ

介護施設の看護師お仕事探し

介護施設に転職をお考えの看護師の方も多いと思います。介護施設には、

と3つの施設の種類がありますが、それぞれで看護師が担う役割・仕事内容が異なってきます。

転職をお考えになる際には自分がどんな看護をしていきたいのか、どんな雇用条件で働きたいのか(日勤専従、夜勤ありでもOKなど)、また正職員として常勤で働きたいのか、非常勤・パートとして週に2,3回出勤で働きたいのかなども事前に明確にしておくことが大切です。

簡単にそれぞれの介護施設の特徴を挙げるとすると、介護老人保健施設は医師が常駐し、医療処置もある介護施設です。

特別養護老人ホームと有料老人ホームはご利用者の方の健康管理が中心で、日勤のみ勤務の求人が多いことも特徴に挙げられると思います。配置看護師数も少ないです。

介護施設における看護師の役割・仕事内容

それぞれの介護施設における看護師の役割・仕事内容については、施設毎に異なってきますから、実際に求人情報を得る際に詳しく教えてもらう事が必要です。

高齢化社会が進むにつれ、こうした介護施設の数も増えてきています。それに伴って看護師求人・募集も増加傾向にあります。

今後は看取り看護も増えてくるといわれるように、ご利用者の方と長い時間をかけてむきあって、看護をしていく事も増えてくるでしょう。

病院など医療機関だけではなく、介護施設からもニーズが高まる看護師の仕事。転職をお考えの方は、地域の介護施設からの看護師求人に強い人材紹介会社をご利用になって、詳しい求人情報を得て頂ければと思います。

特養看護師として求人・募集をお探しの方は、以下の人材紹介会社のご利用がお勧めです。