特別養護老人ホーム 看護師の役割・求人をお探しの方へ

こうした介護施設、特別養護老人ホームなどでの看護師の役割としては、入所者の健康チェックや生活支援が中心となります。

日勤常勤として復職

日勤の介護施設で働く

看護師として復職する際に、介護施設で働く事を選ばれる看護師さんが増えています。その理由として大きなものは、やはり退職して数年のブランクがあり、今の医療現場でしっかりと働く事ができるか不安、といったものがあります。

例えば10年間、看護師としてブランクがあいてしまえば新卒看護師と同じような働きしかできない、という事も言われたりします。注射、採血も久しぶりにするとなればプレッシャーに感じる方も多いでしょう。

復職するにあたり、研修を設けるなどサポートしてくれる病院など医療機関もありますが、まだまだ病院側としても余裕が無い事もありいきなり現場に復職し大変な思いをして仕事に慣れる、といった現状も実際にあるようです。

また、求人探しの条件として、仕事と家庭との両立をするため日勤常勤での看護師求人をお探しになる方も多いと言います。その場合、夜勤がある病院での勤務は難しくなります。外来勤務であったり、夜勤が無いクリニック、介護施設などが転職先候補としてあがることになります。

ブランクあけでも働きやすいでしょう

介護施設であれば看護師の役割としては健康管理、生活のサポートとなりますから、ブランクあけの看護師さんでも働きやすいという事もあります。日勤常勤で働けること、残業の少なさをメリットに挙げる方も多いですね。

雇用形態も常勤ではなく、非常勤・パート、派遣として働くなど選択肢がある場合も多く、ご家庭とのバランスをとりやすいといえます。

こうしたお仕事探しの背景もあり、介護施設で復職される方は多いのです。全国で介護施設が増加傾向にあり、求人が増えている事も影響しているかもしれませんね。

特別養護老人ホームをはじめとして看護師求人を探す際にも人材紹介会社は膨大な情報量でお仕事探しをサポートしてくれます。

介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなど介護施設で働く事に興味をお持ちの方は、一度問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。

当サイト経由で最も利用されている人材紹介会社はこちら