特別養護老人ホーム 看護師の役割・求人をお探しの方へ

こうした介護施設、特別養護老人ホームなどでの看護師の役割としては、入所者の健康チェックや生活支援が中心となります。

特養老人ホームの看護師の仕事内容

看護師の仕事内容について

特別養護老人ホームでの日勤の看護師の仕事内容は主に入居者の健康管理、服薬、必要に応じての医療行為(注射・点滴)です。

特別養護老人ホームの1日の流れはきちんとスケジュールが組まれており、それに基づいて入居者の支援を行っています。看護師の勤務時間は日勤9:00~17:30が一般的です。

特別養護老人ホームの一般的な1日の流れですが、

7:00 起床・離床介助・着替え・洗面・朝食準備

夜勤・早出の介護職員が食堂で朝食を取る為、入居者の方に移動を促します。寝たきりの方は介護職員が移動介助します。朝食準備とは、入居者におしぼりを配ったり、エプロンをつけてもらったりする事です。

8:00 朝食・口腔ケア

9:00 排泄介助・入浴準備(バイタルチェック)

特別養護老人ホームでは、入浴は週2回ほどです。ここで看護師は、入居者のバイタルチェックを行い入浴が可能かを判断します。また、夜勤者からの申し送りを日勤の介護職員と共に看護師も参加して行います。

10:00 入浴介助

浴室への誘導・脱衣・入浴介助・着衣・居室への誘導は介護職員が行います。看護師は浴室にて、入居者に対して必要に応じて医療的な処置を行いますが、処置が少ない時は看護師も入浴介助のヘルプ(着脱)することがあります。この時、入所者の裸体で診る事ができるので異常が有無の確認が可能です。

11:00 離床介助・昼食準備

昼食を取る為に入所者を食堂に移動を促します。昼食準備とは、朝食準備と同様です。入浴が済んだ入居者は、部屋に戻らずに直接食堂に向かう方が多いです。

12:00 昼食

昼食時の服薬介助は看護師が行います。

13:00 排泄介助・居室誘導(寝たきりの方)・レクリエーションなど(15:00くらいまで)

14:00 入浴介助

午前中で入浴できなかった入居者の入浴を行います。午前中と同じく、看護師は入居者の医療的処置を行います。

15:00 おやつ介助

16:00 排泄介助

17:00 離床介助・夕食準備

18:00 夕食・口腔ケア

この間に、嘱託医師の診察があり、看護師はその補助・処置を行います。特別養護老人ホームの医師は非常勤勤務のところが多いので、医療的な問題や相談は看護師が任されることが多いです。

当サイト経由で最も利用されている人材紹介会社はこちら