特別養護老人ホーム 看護師の役割・求人をお探しの方へ

こうした介護施設、特別養護老人ホームなどでの看護師の役割としては、入所者の健康チェックや生活支援が中心となります。

特別養護老人ホームの夜間待機

特別養護老人ホームの看護師の夜間待機

特別養護老人ホームは病院では無いので専属の医師は配置されず、非常勤の医師を配置している所が多いです。

病院では医師が常勤し、看護師も2交代か3交代での夜勤勤務がありましたが、特別養護老人ホームでは基本的に看護師の夜勤はありません。特別養護老人ホームは医療施設では無く、生活の場だからです。

その代わりとして「夜間待機(夜間オンコール)」というものがあります。

「夜間待機」とは夜勤時間帯(一般的には17:30~10:00)に、夜勤担当介護職員が入居者の急変などを発見した時に、夜間待機担当の看護師の自宅に電話連絡が入ります。その時に対応を指示したり、必要に応じて処置が必要な場合は施設に出向きます。

特別養護老人ホームの一般的な夜勤の流れは

18:00 夕食・口腔ケア・着床介助・排泄介助

20:00 眠前服薬介助・就寝介助

この時に状態が悪い入居者のバイタルチェックを行います

21:00 消灯

22:00 巡回

0:00 排泄介助

2:00 巡回

4:00 巡回

0:00~4:00間、1時間毎に巡回する所もあります。寝たきりの方以外の排泄介助は随時介助します。

5:00 排泄介助・汚物処理(ポータブルトイレ掃除)

早起きの入居者は食堂フロアに現れます。

7:00 起床・離床介助・着替え・洗面・朝食準備

となっています。

転職の際に勤務内容を確認しましょう

夜間待機の看護師は夜勤時間帯に施設に出向くことは稀です。微熱が出たり、退院直後などの安静が必要な入居者に対しては、夕方の状態に応じて対応の仕方の看護師が指示しておけば、電話連絡があることはほとんどありません。

夜勤時間帯に救急車を呼ぶほどの緊急事態が起こった場合は、職員が病院に付き添うだけなので介護職員が対応しています。

しかし、夜間時間帯に緊急事態が起こったとしても、介護職員が看護師に連絡し、到着後に救急車を呼ぶといった施設もあります。

施設によっては夜間待機に看護師が拘束される場合もあるので、転職する時にはしっかり勤務内容を確認する事をお勧めします。

当サイト経由で最も利用されている人材紹介会社はこちら