特別養護老人ホーム 看護師の役割・求人をお探しの方へ

こうした介護施設、特別養護老人ホームなどでの看護師の役割としては、入所者の健康チェックや生活支援が中心となります。

特別養護老人ホームに合う看護師の性格

特別養護老人ホームで働く適性について

特別養護老人ホームは、基本的に65歳以上の身体や精神に障害があり、自分一人では日常生活を送る事が困難な方が入所されています。

病院に入院されている患者の方もそうですが、病気やケガの為に日常生活が支障あるので介助の必要がありますよね。日常生活に支障がある人の介助が必要なのは介護も看護も共通しています

病院では患者の病状や状態によって入院期間がさまざまなので、患者に対するコミュニケーションの時間もそこそこに業務内容を素早くこなす必要がありました。

しかし、特別養護老人ホームは日常生活の場であり終生の場なので一人ひとりのコミュニケーションの時間がゆっくりとる事ができます。高齢者とのコミュニケーションが得意な看護師は特性があると言えますね。

食事介助や入浴介助、排泄介助などの介護技術は、家庭でも行われているものなので、経験を積むことで上達します。看護の現場でも骨折などが原因で、寝たきりの状態の方のお世話をする業務がありますよね。

要するに介護の仕事は、専門的な資格はありますが基本的に「どんな人でもできる仕事」と言えるのです。

様々な職種との連携が大切です

介護の仕事というものは、「どんな人でもできる仕事」に対して給料をもらっている故に、徹底して自分を体調や心の管理を徹底して、入所者に対して適した対応ができる「介護職としてのプロの意識」を持つ事がとても重要なのです。

「どんな人でもできる仕事」を仕事は仕事と割り切れることができなければ、介護の現場で起きるさまざまな出来事に対して向き合っていけません。

ですから、真面目で入所者1人1人に優しく対応していると、そのさまざまな出来事を一つ一つ対応しようと行き詰ってしまうので、不向きと言えるかもしれません。

また、特別養護老人ホームにはさまざまな職種の人が働いているので、病院以上にいろいろな職種との連携が必要になります。

介護の現場で働くと、「看護職と看護職の壁」を感じる看護師もおられると思いますが、介護職は介護職として、看護師は看護職としてお互いを認め合い、助け合うことで、よりよい日常生活をを入居者に提供できるでしょう。

当サイト経由で最も利用されている人材紹介会社はこちら