特別養護老人ホーム 看護師の役割・求人をお探しの方へ

こうした介護施設、特別養護老人ホームなどでの看護師の役割としては、入所者の健康チェックや生活支援が中心となります。

特別養護老人ホームと老人保健施設の違い

特養老人ホームと老人保健施設の違いについて

特別養護老人ホーム(以下、特養)と老人保健施設(以下、老健)は、介護保険上の役割として、65歳以上で介護が必要な方が入所できる(老化による特定疾患を患っている方は40~64歳でも入所可能)施設です。

原則的に、65歳以上の介護が必要な方が入所できる施設という共通点がありますが、違う所が幾つかあります。

まずは「入所の期間」です。

老健は、在宅と病院の中間的な施設であり、リハビリなどの機能回復の訓練を行ったり、生活指導など通じて家庭で自立した生活を可能にすることが目的の施設です。入所可能な期間は原則3カ月で、必要に応じて更新されます。

特養は「日常生活の場」であり「終の住処」なので、入所者に対して日常生活上必要な介護を提供します。入所期間に制限はありません。

続いて常勤医師の設置の有無について。

老健では、入所者100人に対して常勤医師1名以上・看護師は10人以上という規定があります。

特養では常勤医師の設置義務がないので、常勤の医師不在という施設も多くあります。看護師は3人以上という規定です。

老健と特養老人ホームに関して

老健では状態が安定しても医療的な処置が必要な入所者が多いですが、特養では状態が安定していて医療的な処置が少ない方が入所されているので、看護師の配置も少ないです。

しかし、入所者の介護度の重度化により医療的な処置が必要な入所者が増加しています。特養は「日常生活の場」「終の住処」なので、なかなか空き部屋がなく、多くの待機者がおられます。

老健は、「在宅生活を送る為のリハビリ施設」であるので、自立して日常生活が可能になるまで施設に入所する事になります。ですから、病状が安定して日常生活をある程度自立して行うことが可能と判断された場合、退所する事になるので空き部屋も多く、必要に応じた入所が可能です。

最近では、特養に入所するまでの期間を老健で過ごす入所者も多く、違いが曖昧になっています。

現状では、老健は病院と在宅の中間的な施設ではなく、病院と特養などの介護施設の中間的な施設となっている場合や、例外規定もあって特養と同じような状態の老健もあります。

当サイト経由で最も利用されている人材紹介会社はこちら