特別養護老人ホーム 看護師の役割・求人をお探しの方へ

こうした介護施設、特別養護老人ホームなどでの看護師の役割としては、入所者の健康チェックや生活支援が中心となります。

特養看護師について 記事一覧

特養看護師の求人・募集を見つけるには
看護師の転職活動において、今では多くの方が人材紹介会社を活用して求人・募集に関する情報を得ています。働きながら転職活動を行う際にも強い味方となってくれます。
特養看護師の役割・仕事内容について
特養看護師の役割としては、利用者の健康管理が主となります。急性期病院で働く場合と比べると、時間の流れが穏やかに感じるかもしれません。
介護施設の看護師求人をお探しの方へ
介護施設には介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・有料老人ホームなどがありますが、それぞれで看護師が担う役割は異なってきます。
日勤常勤として復職
復職の際、仕事と家庭との両立をするため日勤常勤の職場で働きたいと希望する看護師の方も多いです。こうした場合、介護施設も候補にあがってきます。
特別養護老人ホームとは?
特別養護老人ホームは一定の条件を満たした方が入所している介護施設で、常に介護が必要で家庭生活を送るのが困難な高齢者が多く入所しています。
特養老人ホームの看護師の仕事内容
特別養護老人ホームの1日の流れはきちんとスケジュールが組まれており、それに基づいて入居者の支援を行っています。特別養護老人ホームでの一般的な1日の流れをご紹介します。
特別養護老人ホームの夜間待機
特養では基本的に看護師の夜勤はありません。その代わりに夜間待機(オンコール)があります。このあたり事前に確認しておきたい部分です。
特別養護老人ホームで必要な看護技術
特養での仕事は病院で激務をこなしていた看護師にとっては物足りなさを感じる事もあるかもしれませんが、入居者が心地よく日常生活を営めるように導くのが特養看護師の務めです。
特別養護老人ホームに合う看護師の性格
特養は日常生活の場であり終生の場なので、病院と比べて一人ひとりとコミュニケーションの時間をゆっくりと取ることができます。高齢者とのコミュニケーションが得意な方は特性があると言えます。
特別養護老人ホームの入所者について
特養には介護度1のような「立ち上がりや歩行がやや不安定、排泄や入浴などに一部介助が必要」な人から介護度5「日常生活において全面的な介助が必要で意志の伝達が困難である状態」の人まで、様々な介護度の入所者がおられます。
働く際の注意点と対策(身体的要素・精神的要素)
決められたスケジュール通りに業務をこなす必要があるため、忙しさのあまり入居者への対応が雑になってしまうことがあります。また認知症の方を相手にする際、ついイラついてしまうこともあるでしょう。
福利厚生や手当について
病院で働く場合と比べ、特養看護師には夜勤がないことがほとんどです。その影響もあって月給は低めとなってしまいますが、パート勤務の場合の時給は病院とほとんど差がないことが多いです。
特別養護老人ホームで必要な看護知識
特養で働くにあたって知っておきたい介護知識、また高齢者に多い疾患についてご紹介します。高齢者ばかりの特養では、病院勤務とは違った配慮が必要となってくるでしょう。
特別養護老人ホームと老人保健施設の違い
特養と老健は原則的に65歳以上の介護が必要な方が入所できる施設という共通点がありますが、違う点がいくつかあります。ただ最近では違いがあいまいになってきているようです。
特別養護老人ホームの看護師として働くには
特養看護師の求人を探す方法はいくつかありますが、効率良く探すのであれば看護師求人が集まっている転職サイト・人材紹介会社を利用すると良いでしょう。